カテゴリー別アーカイブ: 未分類

結納代物は

結納一品はブライダル前に新婦側にあいさつをするまま持参する一品のことです。
基本的には縁起物ですが、地方を通じてそのパッケージは異なります。
いくつかの実態を解説ください。
自分が結納をするままなったら、その流れを知っておくことが大切です。
正規結手渡しは9部類だ。
略式になると7部類、5部類といった奇数にすることが縁起物の決まりだ。
一旦、長のしは鮑の肉を長く延ばしたもので不老長生きの象徴と言われています。
そしたら、御帯チャージは賃金封、つまり結納賃金だ。
勝男節はかつおぶしのことですが、漢字で書いた通りメンズのサクセスの象徴と言えるのです。
するめは寿留マミーという書きます。
おめでたい女性が人生留まるという実態になります。
こんぶは子生婦とかいて最適幼児が授かるという縁起物だ。
ともしらがはチームメイト白賀と書いて、新郎新婦が白髪になるチャンスまで幸せに暮らしていける縁起物だ。
後半廣は扇ですが、末永く栄華していくことを表しています。
女房喜多留はやなぎだると読み、柳の木でできた酒樽だ。
家庭内が満足で満ち溢れて要るさまを表現したメッセージだ。
こういう9部類が結納一品と呼ばれていらっしゃる。
解説からわかるように、昔から語呂合わせの縁起物として重宝されてきました。
現世にあたって、そんな縁起物が必要なのかは大きな問合せでしょう。
功績の流れの中で徐々にすたれて行くラッキーにあるのです。
でも両家の折衝を通じて、結納をした方がいいと決まれば、ショップに依頼すればデッドラインに一概に準備して貰える。http://www.hayami-ks.jp/